漢方薬による治療


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の辛い症状がひどい場合、漢方薬による治療をする場合があります。漢方薬は昇圧薬のように血圧を上げてくれる作用はありません。しかし疲れやすい、体が冷える、胃腸が弱いなどの低血圧の辛い症状自体を改善するために漢方薬が処方されます。漢方薬は植物の実や皮などの天然素材の成分を使った薬で、昔か伝えられた歴史の古い薬です。漢方薬はズバリ治したい症状に合わせて薬が処方されますが、患者さんの症状の他に、体質や体格なども加味して処方されます。極端な話、プロレスラーのような大男といかにも低血圧と言うイメージの痩せ型の女性では処方する漢方薬の種類や量、効き目などが違ってくると言う考え方です。漢方薬は昇圧薬などの薬のように即効性はありません。自然の成分を使って出来ているため、症状自体を治すつもりでじっくりと飲む薬です。薬のリハビリと言ったイメージでしょうか。漢方薬は昇圧薬などの薬と違って空腹時に服用するものが多いです。漢方薬は自然の成分で出来ているため食後に飲むと食べた物と一緒になってしまい薬の成分が吸収されにくくなります。空腹時にのむとしっかりと薬の成分を吸収してくれて、効果も高いでしょう。 最後に注意点を少し。漢方薬を服用している場合に他の薬を飲まなくてはいけなくなった場合は、医師に漢方薬を服用している事を伝えてください。思わぬ副作用起こす場合があるからです。病院で漢方薬を処方してもらう場合、漢方薬にも保険が利きますので、薬局、薬店で漢方薬や購入するよりも有利ですので、覚えておくと良いでしょう。