心療内科で処方される薬


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


心療内科は低血圧の辛い症状がひどい方に向いている病院ですが、低血圧の辛い症状に処方される薬は昇圧薬が一般的です。昇圧薬は血圧を上げる薬ですが、昇圧薬を飲むと血圧が上がりますので、低血圧の辛い症状は楽になります。心療内科では、低血圧の辛い症状の原因がストレスで症状が重い場合、抗不安薬が処方される場合があります。抗不安薬には血圧を上げる作用はありませんが、気分をリラックスさせてくれ、低血圧の辛い症状を和らげてくれます。低血圧の原因がストレスの場合は抗不安薬、体の面での薬による治療は昇圧薬と患者さんの症状に合わせて処方されます。 昇圧薬服用しても低血圧の辛い症状が良くならない場合、自律神経失調症が原因で辛い症状になっている場合があります。その場合でも心療内科で診察してくれます。自律神経失調症の治療は低血圧の治療と良く似ていて、やはり基本の治療法は日常生活の改善になります。症状が重い場合は、自律神経調整薬という薬が処方される場合があります。