心療内科とは?


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


内科で低血圧の診察を受けても低血圧の辛い症状が治らない場合や、診察に行ったが「血圧が低いだけなので、心配ない」などの診察結果だった場合、心療内科で診察を受けてみる事をおすすめします。心療内科と聞いてもイメージが湧かないと思いますが、心療内科とは精神的ストレスが原因で起こる体の病気を専門的に診察する病院です。低血圧の辛い症状はストレスから来るものが多いので、低血圧の診察には心療内科が向いています。低血圧の場合、症状を体と精神面、両方から診察して治療をしてくれます。 心療内科の診察は内科と同じで問診から始まりますが、問診と言うよりは、面接と言っても良い位、事細かに辛い症状や生活習慣、どんなストレスを感じているのか、理由や対処法などの話をします。このように医師があなたと一緒になって辛い症状を治すための方法を考え指導してくれますので、とても心強いと感じる患者さんが多いようです。 自律神経は低血圧と密接に関係していますが、自律神経を正常に整えるための指導をしてくれる心療内科もあります。これは自律訓練法と言って、自宅でも簡単にできて効果が高い訓練法ですので、指導してもらうと良いでしょう。 低血圧は日常の生活に密接に関係しています。心療内科で診察してもらって指導を受けても、低血圧には生活習慣の改善が効果を発揮しますので、心療内科で指導してもらった内容はしっかりと覚え実行して生活していきましょう。