低血圧の薬の注意点


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の辛い症状がひどい場合、薬による治療が行なわれます。低血圧の薬は通常一日二回服用するものが多く、朝と昼飲むのが一般的です。低血圧の方は朝が一番血圧が低いので、朝服用するのが一番効果があるという事を覚えておきましょう。薬の種類によっては、強い薬もありますので、空腹は避けたいものです。食欲が無いからと言って朝食を抜かずに、少しでも食事をする様にしましょう。低血圧の薬は、昇圧薬と言って血圧を上げる薬ですが、なぜ朝と昼の二回服用するのか?と言うと、夜低血圧の薬を飲むと、血圧が上がって眠れなくなってしまうからです。低血圧の薬は交感神経や中枢神経の働きを助け、血圧を上げてくれます。薬を飲み忘れたのを気が付いたのが、夜になってしまった時は薬を飲むのを控えたほうが良いでしょう。低血圧の薬を服用しながら生活療法による治療も同時に行なうと、効果が高いので、医師の指導通りに生活療法も行ないましょう。薬の服用によって血圧が通常になって来たから言って生活療法を怠ってはいけません。低血圧の薬による治療を行なったにも関わらず、低血圧の辛い症状が治らない場合は医師に相談してください。薬の種類を変えたり、量の調節をしたりして対処してくれます。逆に副作用が感じられる時も医師に相談して下さい。副作用の種類としては、動悸、頭痛、吐き気、食欲不振、などです。また低血圧以外で医師の診断を受ける時は、低血圧の薬を服用している事を医師に伝える事を忘れてはいけません。