病院での治療法


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の辛い症状がひどい場合は病院に行く事をおすすめします。病院で、問診や血液や尿検査を行い低血圧の原因が分かった場合、治療に入ります。本態性低血圧、いわゆる一般的な低血圧の辛い症状は、生活習慣の改善で治りますので、病院での治療の基本は生活療法になります。医師による問診などの診察で、あなたの生活習慣のい改善点を指摘してくれたり、指導してくれたりしますので心強い思います。しばらくは医師から指導を受けた生活療法を取り入れて、生活習慣を改善してみましょう。大部分な低血圧はこの生活療法で治ります。しかし改善されない方もいます。そんな方はもう一度、医師に診察してもらいましょう。症状がひどい場合は、薬による治療が行なわれます。これを薬物療法といい、主に血圧を上げる薬が処方されます。この血圧をい上げる薬を「昇圧薬」と言います。昇圧薬は交感神経の動きを整えてくれて、血管の収縮を助け、心拍数も上げてくれるため血圧が上がります。 起立性低血圧と診断された場合は生活療法も大切ですが、薬による治療が中心になります。起立性低血圧はめまいや立ちくらみが起こる危険な症状ですので、疑いのある場合は医師の診察を受けましょう。