低血圧の検査


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の症状が酷い場合、病院に行き診察してもらいましょう。問診をして低血圧の検査をして、辛い症状の原因は何なのか調べてもらいましょう。低血圧が原因の辛い症状は色々ありますが、本態性低血圧、いわゆる一般的な低血圧以外の場合、病気が原因で低血圧になっている場合があるからです。めまいや立ちくらみが酷く、起立性低血圧の疑いがある時は、横になっている状態と立ち上がった状態と二回血圧を測ります。この血圧測定の検査は本態性低血圧とその他の低血圧の症状なのか、調べるために行なわれます。次に血圧が低い場合、血液検査や尿検査をして、血圧が低い原因が他の病気によるのものなのかどうか調べます。例えば、若い女性に多い、ホルモンのいバランスがくずれている疑いがある場合や貧血で悩んでいた場合、血液検査をします。血液検査をすれば、血液中のヘモグロビンの量が分かるので貧血の原因も分かりますし、ホルモンの働きが悪い場合、その原因も分かります。糖尿病の疑いがある場合、血液検査や尿検査をします。血液中の糖の量や尿に糖が出ていないか調べれば、糖尿病の病気も分かります。これらの病気が原因で、低血圧になっている場合は低血圧の治療というよりも、病気の治療をします。病気が治れば、低血圧の症状も治る場合がほとんどです。