低血圧は何科?


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の辛い症状が一向に治らないと悩んでいる方は、病院で診察してもらう事をおすすめします。しかし低血圧の代表的な症状である、朝起きるのが辛い、ボーっとする、疲れやすい、頭痛がするなどの症状は、なんとなく調子が悪い病なので、何科に行けば良いのか分からない方も多いと思います。そんな時は、もしあなたに掛かりつけのお医者さんがいれば、その先生に相談してみましょう。あなたの体の具合を把握しているかも知れませんので、話が早い場合があります。しかも安心感がありますね。そんな先生がいない場合、先ずは内科に行ってみましょう。内科では、問診をして、必要があれば検査をしてくれます。しかし、西洋医学では、低血圧は病気と考えられていないので、「血圧が低いだけなので、様子を見ましょう。」と診察されてしまい、生活習慣の改善を指導してくれるだけで、薬の処方もしてくれない場合があります。血圧が低いだけの場合生活習慣の改善で、低血圧の辛い症状は改善される場合が多いです。しかも即効性はありませんので、診察に不満を持つ患者さんも多いのも事実です。そんな場合は、心療内科に行ってみると良いでしょう。心療内科では、低血圧をはじめとして精神的な面も診察してくれます。心と体の両面の診察をしてくれますので、内科とは又違った診察を受ける事が出来ます。低血圧の辛い症状は生活習慣をはじめとして、精神的なストレスが原因の場合があります。低血圧の辛い症状に悩んでいて、ストレスを受けている自覚にある方は、初めから心療内科を受診しても良いでしょう。