ストレスに気が付かない場合


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧になってしまう原因にストレスが上げられますが、仕事をしている方は仕事の事や人間関係のトラブル、主婦の方は出産や子育てなど、日常生活のい中には、ストレスの原因がたくさんあります。しかし、なかにはストレスを感じている事に気が付かない方がいます。こういう方は真面目で完璧主義で、気持ちの強い方に多く見られます。ストレス対策を考えるためには、何がストレスの原因になっているのか、分からなければいけませんし、ストレスを受けている事を感じとれるようにならなければいけません。 知らずしらずの内にストレスが原因で低血圧になってしまった方は、だんだんに低血圧の辛い症状に悩まされます。低血圧の辛い症状が長く続いても気持ちの強い方は耐えてしまっている方が多いです。ストレスや症状が強い場合は心療内科や精神科の治療が必要になりますが、ストレスの感じ方が中度な方は、気持ちの持ち様や休養を取ったり、趣味を楽しむなど、気持ちの切り替えを意識することで、ストレスを発散させる事が出来ます。体調が悪い、気分が優れないなど普段と違った症状を感じたら、ストレスが原因かも知れません。心当たりのある方はいませんか?なんとなく体調が悪い、気分が優れないなど普段と違った症状を感じて、原因の分からない方は日記を付けると良いでしょう。日記を読み返してみるとこれってストレスでは?とストレスを感じている事が分かったり、ストレスの原因が分かる場合があります。もし自分で分からない場合は日記を基に、家族や親しい方に相談してみると良いでしょう。