ストレスに対する心得


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方はストレスを溜め込みやすい傾向にあります。ストレスは低血圧に大敵ですので、ストレスを上手に解消して無理の無い日常生活を送る事が、低血圧対策になります。
それでは、ストレスに対する心得を紹介します。

1、空いた時間を有効に使う。
通勤や通学時間や休憩時間、帰宅してから就寝するまでの時間を有効に使いましょう。通勤時間には音楽を聴いたり、読書をしたり、エスカレーターを使わずに階段を歩くのも良いかも知れません。休憩時間に美味しいランチを食べながら、気の合う仲間とおしゃべりも楽しいでしょう。帰宅時には、ウインドウショッピングを楽しんだり、帰宅してからはアロマを使ったり、ゆっくりと半身浴や足湯をしたりリラックス出来るようにしましょう。空いた時間を有効に使い自分の好きな事を楽しむ事はストレス解消につながります。

2、悩みごとは気の許せる人に相談する。
悩み事、グチなどは一人で抱え込まずに気の許せる人や家族に相談しましょう。自分では発想できない解決法が見つかるかも知れませんし、人に話す事で、気持ちもスッキリするものです。自分一人で悩み事やイライラを抱え込んで、ぐちぐちと考えているのが一番ストレスを溜め込んでしまう原因です。仕事をしている方は、仕事が終わったら仕事の事は考えないようにしましょう。これは仕事が終わったら、自分の好きな事に集中するようにすれば自然と出来るようになります。

3、規則正しい生活をしよう。
規則正しい生活習慣は低血圧対策に有効です。低血圧の大部分は規則正しい生活習慣で解消されますので、低血圧対策に取り入れた生活習慣は守るようにしましょう。初めは辛いかもしれませんが、慣れると守らないと気持ち悪くなります。そうなればしめたものです。

4、ストレスを感じたら気分転換をしましょう。
ストレスは知らずしらずの内にあなたに迫ってきます。先ずはストレスを感じ取れるようになりましょう。それにはストレスを感じている事を認める事が大切です。よく強がってしまう方を見かけますが良くありません。ストレスを感じれるようになったら、趣味などを取り入れ上手にストレスを解消しましょう。