朝食を取る習慣を身に付ける


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧を克服するには、朝食を取る習慣を身に付ける事が大切です。朝食を取る習慣を身に付けるには、朝すっきり起きる事が早道ですが、ここでは朝食を取る習慣を身に付けると言う事について紹介したいと思います。朝はボーっとしたり、だるかったりで食欲が無い方でも少しでも良いので、徐々に朝食を食べるようにしましょう。食パン一枚、クッキー一枚、レトルトのコーンスープでもかまいません。少しづつでも食べ物を口に入れましょう。先ずは朝食を取る習慣を身に付ける事が大切です。朝すっきり起きる事が出来るようになったり、朝食を取る習慣が身に付いてきてから、栄養のバランスの取れた朝食を取ることを考えても遅くはありません。先ず朝食を取る習慣を身に付けるためには、自分の好きな食べ物を用意するのも良い方法です。果物でも良いですし、チーズの好きな方は、好みのチーズにクラッカーを添えたり、時間の無い方はコーンフレークに牛乳を掛けたりレトルト食品を上手に利用しましょう。レトルト食品のおかゆなどは、着替えなど身支度をしている間に用意できて、サッパリしていてお勧めです。おかゆには糖質やタンパク質が含まれていて、吸収が早いためエネルギーになるのが早いと言う特徴があります。おかゆには梅干が定番ですが、前日の夕食時におかずを少し多めに作っておくとおかゆと一緒に食べる事ができて、手軽に本格的な朝食を食べる事が出来ます。ちなみに私のお勧めは豚肉のしょうが焼きを次の日のために取っておいて、おかゆのおかずとする事です。