低血圧と消化


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方は胃腸の弱い方が多く食事をした後に胃がもたれるという方が多いです。胃がもたれると言う原因は食事で取った食品が胃で消化されるのに時間がかかっているからです。低血圧の方で胃がもたれてつらい方は、消化の良い食べ物を選ぶののも一つの方法ですが、そのため栄養のバランスが偏ってはいけません。そこで消化の良い食べ物を選ぶより、消化の良い食べ方を心がけるようにすると良いでしょう。それには良く噛み、ゆっくりとリラックスして食事する事が大切です。当たり前のことですが、良く噛んで食べるようにすれば消化が良くなり胃腸にかかる負担を緩和させる事が出来ます。また食べ物を良く噛むと唾液の分泌も良くなります。唾液は食品の消化を助ける役割をするので、胃腸の弱い方にはもってこいです。最後に良く噛む効果は胃腸そのものの働きを良くします。胃腸そのものの動きが食品の消化を良くすると同時に良いと言うのは、食品の消化を良くすると同時に健康であるという条件の一つです。 人間は大人になり多忙な生活をしていると、食事を良く噛んで食べるのどと言う幼稚園の時に習った事は忘れてしまいます。♪おべんとおべんと嬉しいな、何でもたべましょ、良く噛んで〜♪とみんなで歌ってから、お母さんが作ってくれたお弁当を食べていませんでしたか?懐かしいですね。