低血圧と栄養のバランス


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方は食の細い方が多いですが、食の細い方ほど食べる量が少ないため、栄養が偏りがちです。栄養が偏らないように、栄養のバランスを考えた食事を取るように心がけましょう。栄養のバランスを良くと言っても難しいかもしれませんので、ここでは簡単にバランスの良い食事を取る方法を紹介します。 低血圧の方に限りませんが、人間の食事はたんぱく質、脂質、糖質をしっかり取る事が大切です。たんぱく質、脂質、糖質から取った栄養素はエネルギーとなって体を動かす原動力となります。 食事のメニューは主食、主菜、副菜を用意するようにすると栄養のバランスが良い食事が取れます。主食はご飯やパン、麺類にして、肉や魚介類などの料理を主菜にします。もちろんビタミンやミネラルなどを含む野菜類や海藻類もメニューに取り入れ副菜を作るようにします。副菜は二品位あった方が良いので、おひたしや温野菜、海藻類の酢の物など、ビタミンやミネラルがたっぷり取れるメニューを取り入れましょう。味噌汁やスープからも色々な栄養素を取る事もでき、デザートに果物やヨーグルトを取るようにするとなお良いでしょう。こういったメニュー構成で食事のメニューを考えれば、自然と主食で糖質を取り、主菜から脂質やたんぱく質を、副菜からはビタミンやミネラル取ることが出来るので、低血圧に効果のあるメニューを簡単に作る事が出来るしょう。