低血圧とタンパク質


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方はタンパク質を多く取るように心がけましょう。タンパク質は重要なエネルギー源で、人間の体に無くてはならない栄養素です。タンパク質は体を作ったり、疲れを取ってくれたりする働きをします。また体温を上げる働きをしますので、低血圧の方で、手や足が冷えてつらいと言った方は特にタンパク質を取るようにしましょう。タンパク質には、気持ちを落ち着かせると言う精神的な効果も期待できるため、低血圧で悩む方には欠かせない栄養素です。 低血圧の方にとって欠かせない食品であるたんぱく質は、アミノ酸と言う物質から出来ています。アミノ酸には色々な種類があり体内で作られるものもありますが、必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の中でも重要なアミノ酸は、体内では作ることが出来ません。人間はこの必須アミノ酸を食品から取っていますが、食事をする時は肉や魚介類、乳製品、卵や豆類など色々な食品から取る事が望ましいのです。色々な食品を食べて取ったアミノ酸はお互いがバランスよく働いてくれるため、低血圧には効果がある食事法と言いえるでしょう。