低血圧とビタミン


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧のつらい症状を改善するためには三度の食事をバランスよく取る事が大切です。ここではビタミンについて紹介します。ビタミンは直接エネルギーにはなりませんが、他のエネルギーの働きを助ける役割をする、なくてはならない栄養素です。ビタミンが多く含まれている食品に野菜や果物が上げられますが、豚肉などの肉類や魚介類などにも含まれています。ビタミンの種類は皆さんもご存知と思いますので、ここでは省きますが、ビタミンの種類によって効果も違いますので、バランスの良い規則正しい食事を取り、必要なビタミンを十分に取る事は非常に重要になります。しかしあれもこれもと意識しすぎると大変ですので、多品目の野菜と肉類、魚介類を規則正しく食べていれば大丈夫です。人間の体は優秀で、必要な栄養素を自然と選び吸収し不必要な栄養素は俳出してくれますので、心配は要らないでしょう。
それでは、各ビタミンはどんな食品に含まれているのか紹介したいと思います。

ビタミンA
ビタミンAはにんじんや小松菜、ブロッコリー等の緑黄色野菜に多く含まれています。またレバーにも多く含まれています。

ビタミンB群
ビタミンはB1,B2など細分化されいて総してビタミンB群としています。ビタミンB1は豚肉、ビタミンB2はうなぎ、ビタミンB6まぐろ、ビタ ミンB12にはあさりなどに多く含まれています。どれも日本人の好きな食材ばかりで摂取は楽だと思います。

ビタミンC
ビタミンCというとレモンなどの果物を連想する方も多いと思いますが、果物の他に緑黄色野菜にも多く含まれています。緑黄色野菜はビタ ミンAも含まれている優秀な食品です。

ビタミンD
ビタミンDはぶりやアジ、しゃけなどの魚介類に多く含まれています。野菜ではしいたけが上げられます。

ビタミンE
ビタミンEはアボガドやピーナッツ類、植物油などに多く含まれています。

ここではビタミンの含まれている代表的な食品を紹介しましたが、ご自分の良く食べる食品や好きな食品にはどんな栄養素が含まれてい るのか調べておき、低血圧に効果的な栄養素の摂取を心がけて下さい。