低血圧と鉄分、カルシュウム


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方は貧血の症状に悩んでいる方が多いですが、貧血には鉄分やカルシュウムなどの栄養素を補給すると効果があります。鉄分やカルシュウムはエネルギーにはなりませんが、骨や血液を作ってくれる体にとって大切な栄養素です。鉄分の中にはヘモグロビンと言う物質があります。ヘモグロビンは血液と一緒に呼吸で得た新鮮な酸素を体全体に運んでくれるという大切な役割をしています。鉄分が不足するとヘモグロビンも不足して、貧血になりやすくなります。低血圧の方は貧血に悩んでいる方が多いですから、三度の食事で積極的に鉄分を補給して、貧血予防をして下さい。 カルシュウムは人間の骨を作ったり、イライラなどの精神的な症状も緩和させてくれます。 しかしこの鉄分やカルシュウムは現代人の食生活では不足しがちです。意識して鉄分やカルシュウムを取るようにしましょう。 ではどんな食材に鉄分やカルシュウムが多く含まれているか紹介します。

☆鉄分
レバーの中に鉄分が多く含まれているのは皆さんよくご存知かと思いますが、レバーの中では豚のレバーが一番多く含まれています。 ひじき、凍り豆腐、ほうれん草にも多く含まれています。

☆カルシュウム
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、小松菜や豆腐、ごまなどに多く含まれています。

☆食事する際の注意点
鉄分はビタミンCとカルシュウムはビタミンDと一緒に取ると吸収が良くなります。