体を温める調理法


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧のつらい症状に体が冷えるというのがありますが、体が冷えやすいという症状は食生活の改善で治ります。食事をする時に体を温める食材を使い、体を温める調理法で調理すればよいのです。体を冷やす食材は別のページで紹介しますが、ここでは体を温める調理法を紹介します。体を温める調理法とは、加熱するということです。あたたかい料理は体を冷やしません。例えばお魚なら生のお刺身を食べるより焼き魚や煮付けにしたほうが体を冷やしませんが、お刺身も美味しいですから、たまには食べたくなります。そんな時は無理をせずお刺身を食べても良いでしょう。しかし薬味にはわさびを使うよりおろししょうがを使うなど気を配りましょう。肉類も焼いたり煮たりもいいですが、油で揚げるのも体を冷やしません。香辛料で下味を付けるという調理法も良いでしょう。野菜も同じです。生で食べるサラダより温野菜や煮物にすると体を冷やしません。ほうれん草などの葉物は茹でておひたしにしたり、炒めたりするとかさが減り量も多く取ることが出来ますので、より栄養のバランスが良くなるでしょう。日本人の食生活になくてはならない味噌汁も肉や野菜を多く使いしょうがを入れて豚汁にしたり、牛乳を飲む時は、冷たい牛乳を飲まずホットミルクにするなど食材を加熱する事が体を冷やさないコツと言えるでしょう。