体を温める食材


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧のつらい症状に体が冷えるというのがありますが、体が冷えやすいという症状は食生活の改善で治ります。食事をする時に体を温める食材を使い、体を温める調理法で調理すればよいのです。一口に体を温める食材と言っても、色々な食材があり覚えるのも大変です。そこで簡単な区別の方法を紹介します。例えば野菜ですが産地ですが、寒い地方で取れた野菜は体を温めると言われています。第二に旬ですが、夏野菜は体を冷やします。夏野菜の代表であるトマトやキュウリなどがこれにあたります。逆に冬が旬の野菜である、大根やレンコン、芋類などの根野菜は体を温める働きをします。たんぱく質源の肉や魚介類、大豆などの豆類、ごまや栗、胡桃も体を温める食材です。 他に覚えておきたいのが、にんにくやしょうが、唐辛子やコショウなどの香辛料も体を温める効果があります。味噌汁にしょうがを入れて豚汁風にしたり、七味唐辛子を振りかけたり工夫すればいろいろな使い方があります。飲み物にも注意が必要です。夏場やお風呂上りなどのどが渇いた時には、冷蔵庫で冷やした飲み物を一気飲みしたいですが、冷たい飲み物は体を冷やしてしまいます。常温のお水や温かい飲み物で水分補給をするようにして下さい。