高齢者の方の生活習慣


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


高齢者の方のように年齢が高くなると血圧は高くなり、一般的な低血圧である本態性低血圧の症状を訴える方は少ないです。むしろ起立低血圧が原因で起きる症状の方が心配です。高齢者の方の生活習慣で注意する点はこの起立性低血圧の症状を改善する事です。起立性低血圧は病気が原因の場合がほとんどです。ですから低血圧の治療をすると言うよりは、元の病気の治療をする事が必要です。例えば高血圧の治療を受けていて、降圧薬を服用している場合など薬の副作用で血圧が下がり過ぎて低血圧になっているなどの原因が考えられます。起立性低血圧の症状で悩んでいる方は医師の診断を受ける事をおすすめします。 高齢者の方に多い低血圧の症状で食後低血圧があります。これは食後にめまいや立ちくらみが起きてしまう症状です。原因としては一時的に脳に血液が回らなくなってしまう状態になってしまうからですが、脳などの血管が細くなっていて血栓が詰まりやすくなっている場合があります。症状がひどい場合は脳梗塞に繋がる場合もあり非常に危険です。食後にめまいや立ちくらみが起きる場合は医師の診断を受ける事をおすすめします。日常生活での注意点は食事をする時は、急いで食べると食後低血圧になりやすいので、ゆっくりとよく噛んで食べるようにしましょう。