起立性低血圧の方の生活習慣


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


起立性低血圧の症状はめまいや立ちくらみが起こり、症状がひどい場合は失神してしまう事があります。起立性低血圧は中高年以上の方に起こりやすいので、突然失神して倒れてしまうと、怪我をしてしまうなど恐れもありますので注意が必要です。起立性低血圧の予防の一つは急に体を動かさない事です。起立性低血圧の方は座ったり横になった状態から急に起き上がると、下半身にある血液が心臓や脳に戻らずに、脳貧血になってしまう事があるからです。立ち上がったり、横になっている状態から起き上がる時は、ゆっくりとした動作で、手すりや壁などに手を付くなどの気配りが必要です。 朝起きる時や、横になった状態から起き上がる時は急に起き上がらずに、布団の中で体を動かしたり、ストレッチをしたり、足を高くするのも効果的です。椅子などに座っている状態から立ち上がる時は、急に立ち上がらずにゆっくりとした動作を心がけ、テーブルなどにつかまって立ち上がるようにしましょう。 起立性低血圧で特に男性に見られる症状ですが、排尿中に気を失う場合があります。立っている状態から突然倒れると非常に危険です。男性の排尿も洋式便器で座ってすると良いでしょう。 起立性低血圧の方の特徴としては、下半身にある血液が上半身に送られなくなってしまいます。これは下半身の筋肉不足が原因の一つです。そこで、収縮性のある弾性ストッキングを着用して、下半身にある血液を上半身に送るようにサポートさせる方法があります。弾性ストッキングはドラッグストアーなどで購入できます。起立性低血圧の方はぜひ試してみて下さい。