春から夏の季節の過ごし方


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


春から夏場にかけては気温も高い日が多く、血管が開きやすいので、低血圧のつらい症状が出やすい季節です。低血圧の方は、春から夏場にかけての過ごし方を注意しましょう。 冷房の効いた部屋から暑い外に出ると気分が悪くなってしまうことがあります。これは室内と外の温度差に体が対応できないためです。冷房の温度調節が可能な場合は出来るだけ外の気温に近い温度設定にしておくと良いでしょう。真夏の炎天下の中を歩くのは、健康な方でも辛いものです。低血圧の方はなおさらです。出来るだけ気温の高い昼間も外出は避け、夕方以降に用事を済ますと言う配慮も必要です。どうしても日中の外出が必要な時は、短時間で済むようにしましょう。 夏場は寝室も暑くなかなか寝付けないと言う事も多いです。寝室は寝る前に冷房を入れておき、涼しくしておくと快適です。寝始めは薄手のタオルケットを二枚かけておき、暑くなってきたら一枚にすると良いでしょう。必要に応じてタイマーで1,2時間冷房や除湿を運転するのも良い方法です。この場合は冷気が体に直接当たらないように注意しましょう。冷房や扇風機の風は体に直接当てると体調を崩す原因になります。扇風機を体に直接当たらないように壁に向けて運転しておくと、部屋の中の空気を巡回させる効果があり、快適に過ごす事ができます。