低血圧に効果のある入浴法


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧のつらい症状のある方はお風呂に入る事により、症状が改善される事があります。お風呂に入浴するのは、皆さんが思っている以上に体力を使うので、運動効果が期待できますし、お風呂で温まることによって、冷えの解消にもなります。低血圧の方は冷え性の方が多いですから体を温めることはよい事です。もちろん血行も良くなるのですが、低血圧の方は注意が必要です。あまり長湯をして体を温めると血管が開ききってしまい、心臓や脳に血液が回らなくなってしまう事があります。これが低血圧の方が長湯をすると気分が悪くなってしまう原因ですが、症状のひどい方はめまいを起こす場合があり非常に危険です。湯船から出る時にめまいを起こす場合が多いので、手すりや壁に手をついたりする配慮が必要です。しかし低血圧の方のお風呂は良いことが多いので、積極的にお風呂で温まりましょう。そのためには、自分に合った入浴法を身に付ける事が大切です。例えばお風呂の温度と入浴時間を工夫したり、体調の悪い時は入浴は止めて、足湯をしたり、シャワーにするのもよいでしょう。シャワーをかける時は、足の膝から下の部分に温水と冷水を交互にかける事をおすすめします。温水と冷水を交互にかける事によって皮膚が強くなりますし、血管が刺激され自律神経のバランスも良くなります。毎日続ける事によって低血圧の症状を改善させる効果が期待できるでしょう。