乾布摩擦


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


生活習慣を改善するために適度な運動は必要ですが、乾いたタオルで体をこする乾布摩擦もおすすめです。乾布摩擦は体の運動というよりは、皮膚の運動と思っていただけると良いと思います。乾布摩擦は皮膚を刺激するのですが、血管も刺激され血液の流れもよくなります。同時に自律神経のバランスを整える効果もありますので、低血圧の改善に役立ちます。乾布摩擦は風の予防や寒空の中で裸で行う修行のようなイメージがあり、冬場に行うものと思っている方も多いと思います。私も若いころは乾布摩擦は寒風摩擦と思っていました。乾布摩擦は冬に行うものと決まっている訳ではありませんので、夏場から始めても良いでしょう。 乾布摩擦のやり方は、乾いたタオルなどで体をこするのですが、心臓に向かってこするのが基本です。

1、手の先から肩に向かってこする。
2、足の先から膝に向かって、膝から足の付け根に向かって下から上にこする。
3、足の付け根から腰に向かって、お尻をこする。
4、首筋から心臓に向かって胸をこする。
5、背中は体を洗うようにタオルをたすきがけにしてこする。
6、おなかを心臓に向かって下から上にこする。
以上をすべて行なっても時間にして5分程でしょうか。乾布摩擦をすると皮膚が丈夫になると言うメリットもありますので、ぜひ続けてみて下さい。