眠れない方の注意点


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!



生活習慣を変えても夜眠つきの悪い方は、日常生活を見直してみましょう。オフィスなどで飲むお茶は夏でも温かいものを飲むようにした方が良いでしょう。飲み物の種類ですが、コーヒーやコーラ、緑茶などにはカフェインが入っていますので、夜眠れなくなるので、敬遠したほうが良いでしょう。杜仲茶やハーブティーなどカフェインの入っていない飲み物を選び飲むように、気を使ってみましょう。昼間ならまだしも夜自宅に帰ってからは特に注意が必要です。 夜ご飯をお腹いっぱいになるまで食べるのも、眠れなくなる原因の一つです。夕食は腹8分にしておいて、昼食に多めに食べるようにしましょう。理想は朝食をしっかり取る事ですが、朝は食欲がない方が多いでしょうから、昼食でバランスを取るようにしましょう。夕食を腹8分にする生活習慣を身に付ければ、自然と朝食が取れるようになります。 お酒も飲みすぎると眠れなくなる原因の一つです。普段お酒を飲まない方が、少量のお酒を飲むと寝つきが良くなる事がありますが、普段飲まないから効果があるのであって、飲酒の回数や量などが増え長期化すると、寝つきは良いかもしれませんが、眠りが浅くなります。 お酒を飲み過ぎると、しっかり眠った気がしなかったり逆に眠れなくなる方もいます。二日酔いになるまで飲んでしまうと、朝起きるのが辛くなりますので、付き合いなどで飲酒をする時も程ほどを心がけましょう。