早寝早起きのための寝室の環境


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


早寝早起きをするためには、寝室の環境にも気を配りましょう。リラックス出来る、眠りに付きやすい寝室は、早寝早起きをするためには非常に大切です。

1、寝苦しい夏場はエアコンや扇風機を使って寝室の温度や湿度を心地よい設定にしましょう。エアコンの運転は冷房よりも除湿の方が良いですし、冷風が出ない設定もできる機種があります。冷房が苦手な方は、布団に入る前まで運転しておいたり、一時間だけタイマーをセットしたりなど工夫をしてみましょう。扇風機の風は体に直に当たらないようにしましょう。反対側の壁や天井に向けて運転しておくと、寝室の空気が回り快適に過ごすます。

2、朝日が顔に当たらないようにしましょう。 窓ガラスには厚手の遮光カーテンをかけるなどして朝日が顔にあたり目が覚めてしまうことを防ぎましょう。厚手のカーテンは防音にも効果があります。

3、パジャマはゆったりしたサイズのものを選びましょう。ぴったりとしていて、体を締め付けるものは血液の流れを妨げますので避けたほうがよいでしょう。夏場は通気性のよい素材のものを選ぶようにして、冬場は保温性の良いものを選びましょう。

4、静かな音楽をかけたり、アロマテラピーやお香など、リラックス効果の高いものを選び、副交感神経の働きを促進しましょう。