夜早く眠るための工夫


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の方の生活習慣を改善するために早寝早起きができるようになるには、夜早く眠ることが大切です。夜自宅に帰ってきたらゆっくりと過ごし、なるべくリラックスできるように工夫しましょう。リラックス方法は個人によって違いますので、一概には言えませんが、ゆっくりお風呂に入ったり、読書をしたり、アロマテラピーやお香なども良いでしょう。あなたのリラックス出来る方法を見つけ趣味にしてしまうのも良い方法です。 早寝早起きの生活習慣を身につけるためには色々な工夫が必要ですが、その工夫の一つとして毎日、昨日より五分早く布団に入るようにしましょう。もちろん五分でなくても10分でもかまいません。毎日二時、三時に眠むる夜更かしの生活習慣を改善するために、毎日続けることが大切です。毎日昨日よりも五分早く布団に入るという目標なら無理なく続けることができると思います。布団に入っても毎日、昨日より五分早く布団に入るようにしても、一カ月後には今日の内に(午前12時前に)布団に入ることが出来ますので、かなりの効果が期待出来ます。