低血圧の方はなぜ眠れないか?


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


人間の体は私達の意志とは無関係に動いているものがあります。例えば呼吸をする、心臓を動かす、体温調節をする、血圧を調節する、などと言うことです。この動きは自律神経と言う神経が働いて動かしています。日中、体や脳を動かしている時は自律神経の交感神経が働いています。この交感神経は主に体を動かす神経です。夜になると体を休ませる働きをするのが、自律神経の副交感神経です。日中働いていた体や脳を副交感神経が働き、休ませようとします。この交感神経と副交感神経は互いにバランスを取って働いていますが、宵っ張りの朝寝坊の方はこのバランスが崩れたりして夜副交感神経が働き始める時間が遅かったりします。これが夜なかなか眠れない原因です。夜なかなか眠れないと朝も苦手になってきます。人間の意志とは無関係に動いている自律神経の交感神経と副交感神経の動きが乱れてしまうと、体の働きも崩れてしまいつらい症状も出てしまいます。夜眠れないと言う方は、生活習慣を改善していけば崩れた自律神経のバランスも正常に戻り、早寝早起きが出来るようになります。