自律神経失調症による低血圧


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧は自律神経失調症が原因で起きる場合があります。自律神経失調症という病名を聞いた事のある方は多いと思いますが、自律神経失調症は何となく調子の悪い病などと言われていて、回りの人に相談すると気の持ち様などと相手にされないで、片づけられてしま場合が多いです。自律神経失調症が原因で起きる症状は疲れやすい、だるい、めまいや立ちくらみ、動悸、食欲不振、便秘などの体の不調からイライラや不安感、無気力などの精神的な症状まで人により色々な症状がでてしまいます。なぜこういった症状がでてしまうかと言うと人間の体は呼吸をしたり心臓を動かしたりと私達の意志と無関係に動いていますが、そういった働きをコントロールしている神経である自律神経の働きが狂ってしまうからです。自律神経は体温調節や血圧のコントロールもしていますので、血圧が高くなったり、低くなることもあり、血圧が低いと低血圧になってしまうのです。自律神経失調症が原因の低血圧は本態性低血圧のように常時血圧が低い状態ではない場合が多く、生活習慣を改善すれば治ります。