病気や薬の副作用による低血圧


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


起立性低血圧になってしまう原因は、病気や薬による副作用の場合が多いです。病気が原因で起立性低血圧になってしまう場合は、パーキンソン病や糖尿病の方が最も多く注意が必要です。パーキンソン病とは脳や脊髄などの中枢神経に障害が起きるというこわい病気ですが、中枢神経に障害が起きると、血圧のコントロールを行っている交感神経の働きにも影響が出てしまいます。交感神経は静脈を収縮させる働きもしますので、下半身にたまった血液を心臓に押し戻す力が弱くなり、起立性低血圧が起きてしまいます。糖尿病とは血液中の糖が多くなってしまい、その状態が続く病気です。血液中の糖は、血糖といいその値のことを血糖値と言います。人間は食事からさまざまな栄養をとっていて、糖分も食事からとっています。摂取した糖は血液中に入り、エネルギーとして体全体に行き渡るのですが、摂取した血液中の糖である血糖が多くなりそれが長期化、慢性化すると末梢神経の働きがうまくいかず、血圧のコントロールを行っている交感神経の働きにも影響します。交感神経は静脈を収縮させる働きをしますので、下半身にたまった血液を心臓に押し戻す力が弱くなり起立性低血圧が起きてしまいます。