二次性低血圧が起きる原因


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の原因が分かっている二次性低血圧は病気や怪我が原因の場合がほとんどです。二次性低血圧には急性低血圧と慢性低血圧がありますが、急性低血圧の場合心臓の動きが鈍ってしまい、心臓から血液が送られる量が少なくなり低血圧になってしまいます。心臓の動きが鈍くなる理由の一つに心筋梗塞があります。心筋梗塞になると心臓の収縮が弱まり、心臓から新鮮な血液が送り出される量が少なくなってしまいます。また体全体の血液の量が少なくなっても低血圧になってしまいます。重大なけがで出血が多くなり体全体の血液の量が少なったり、夏の暑い時期に水分補給が上手くいかず、脱水症状になったり、下痢などでも血液中の水分が少なくなり血液の量が減ってしまいます。また体全体の1/3以上のやけどでも血圧は低くなります。 慢性低血圧の場合は慢性になっている病気が原因で低血圧になっている状態です。ではどんな慢性化した病気で低血圧になっているかと言うと、主な理由の一つに鉄欠乏性貧血が上げられます。鉄欠乏性貧血になってしまうと、酸素を体全体に運ぶ役割をするヘモグロビンを含んだ血液が少なくなり低血圧になってしまいます。他の慢性化した病気は、肺結核や甲状腺機能低下などが上げられます。慢性化した病気が長引くと気力や体力が落ち、体全体の機能が落ちるため、低血圧になってしまいます。