起立性低血圧が起きる原因


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


起立性低血圧の症状は、横になった状態から、起き上がった時にめまいや立ちくらみが起きてしまいますが、これは起き上がった時に最大血圧が20mmHg以上下がってしまうのが原因です。なぜ最大血圧が20mmHg以上下がってしまうかと言うと、人間は起き上がった時に重力によって血液が下半身に溜まってしまいます。しかし健康な方は下半身から心臓に血液を送りますので血圧は正常ですが、下半身から血液を戻す力が弱い方は、下半身に血液が溜まったままになってしまい、心臓に血液が戻らずに体全体や脳に血液が行き渡らなくなってしまい、めまいや立ちくらみが起きてしまいます。下半身に血液が溜まったままになってしまう原因としては、運動不足による筋肉不足や自律神経の一つである交感神経が正常に働かなくなり、下半身の静脈を収縮させなくなり心臓に血液を送る量が少なくなってしまうため、心臓が血液を送り出す量が減ってしまう事が、低血圧になってしまう原因です。心臓が血液を送り出す量が減れば脳貧血になってしまい、めまいや立ちくらみが起き、症状がひどくなると、気を失ってしまうといった症状が出てしまいます。以上が起立性低血圧が起きてしまう原因です。