低血圧と運動


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


運動不足は低血圧を悪化させてしまう一つの原因です。人間の筋肉量は運動することによって維持され、増えていきます。人間の筋肉は血液を体全体に送るポンプのような働きをしていますが、下半身に血液が溜まったままになってしまう場合があり、めまいや立ちくらみの原因になってしまいます。下半身に筋肉を付ければ、下半身から上半身に血液を送ってくれ、心臓に血液が戻り、また新鮮な血液が脳に回るので、めまいや立ちくらみが起きにくくなります。 運動不足で筋肉の少ない人や、男性に比べてもともと筋肉の量の少ない女性は、血液を全体に送るポンプの役割をする筋肉の力が弱いため、血液の循環が悪く、冷えなどの症状に悩まされやすくなります。また運動不足の方は体力もあまりありませんので、ちょっと仕事が忙しかったりすると疲れやすかったり、だるかったりします。適度な運動は心地よくストレス解消にもつながります。仕事などで受けたイライラや不安などのストレスは、適度な運動を楽しむことによって解消されやすくなりますので、運動不足の方はストレスが溜まりやすくなる傾向があります。適度な運動をした後に、ゆっくりとお風呂に入るとさらに効果が上がり心地よい眠りにつくことが出来ます。また運動不足の方は適度な疲れがないためか夜眠れないという症状で悩む方が多いです。適度な運動を生活の一部に取り入れることは非常に大切で、低血圧のつらい症状に改善させる効果がありますので、運動不足は低血圧のつらい症状をさらに悪化させているといってもよいでしょう。