低血圧とストレス


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


ストレスが原因の症状で代表的なものは、胃潰瘍が広く知られています。こういったストレスが原因の症状の中に低血圧の症状があるのですが、低血圧とストレスは、密接な関係があります。ストレスは仕事などで受けるイライラや不安などや、友人や家族とのけんかなどの精神的なストレスの他、食生活の乱れ、ホルモンの乱れ、睡眠不足などで受ける色々なストレスがあります。これらのストレスが強すぎたり、たびかさなったり、長期間続きストレスが解消されないと、自律神経の働きが崩れたり、ホルモンのバランスか崩れたりして体に異変が起きやすくなります。驚いたり、怒ったりすると自律神経の交感神経が強く働き瞬間的に血圧は上がります。またストレスが長期間続き慢性化すると、交感神経と副交感神経の働きのバランスが崩れ、自律神経の働きが悪くなります。副交感神経の働きが強くなると血管が広くなり、血液が流れる時圧力がかからなくなりますから、血圧は下がります。ストレスが原因でうつの状態になると、自律神経の働きが悪くなり血圧は下がります。ストレスが原因で低血圧で悩む方はストレスを上手に解消する事で、低血圧を克服出きるでしょう。