低血圧と食事


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧は食生活、運動、休養といった生活習慣にも密接に関係しています。三食をバランスよく食べる食生活、適度な運動、十分な休養は人間にとって健康維持する大切な要素です。低血圧の方は特に気をつけて健康を維持して生活することが大切です。人間が三食バランスよく食事を取って吸収した栄養素は体を動かしたり、体を機能させるための大切な原動力となりますので、三食の食事から体に必要な栄養素をきちんと取ることが大切で、栄養が偏ってしまえば体を動かす機能は全体的に落ちてしまいます。体がスムーズに機能しなくなると、低血圧になりやすく、めまいや立ちくらみ、疲れを感じたり、だるかったりといった低血圧の症状がみられます。例えば必要な栄養素が、体全体に行き渡らなくなり、食欲不振といった症状が出てしまった場合や胃腸の消化、吸収が悪くなったりするとより一層栄養不足につながり、低血圧の症状はひどくなる一方です。こんな悪循環が低血圧が起こってしまう原因の一つです。