低血圧と気温


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧は気温に影響される場合があります。人間の血管は冬場には寒さでちじみ、夏場の暑い時期は血管が広がりやすくなります。血管が広がると血液が流れる際、血管に圧力がかかりにくなり血圧も低くなります。これが低血圧の人が夏場に症状がひどくなることが多い一つの原因です。しかし低血圧の人が夏場に症状がひどくなる原因は他にもあります。暑い夏場は体力の消耗が激しく、夜も暑くて寝苦しいと言う体力の無い低血圧の方にはとても辛い環境になります。日々の疲れや睡眠不足が貯まっていき、体が不調になり体調を崩すきっかけになります。また暑さによって食欲が落ちてしまうのも体調を崩す原因です。低血圧の方はもともと食の細い方が多いですが、食が細い上に食欲が落ちてしまいますので、体力もなくなり体調を崩しやすくなります。 夏場の暑い時期には、オフィスやショッピングセンターなどでは冷房が効いていて、その冷房によって体が冷える、冷房病が体調を悪くする原因の一つです。低血圧の方はもともと血行が悪く、冷房は血行が悪いのをさらに悪くしてしまいます。血行が悪いと血液が体全体に行き渡りませんから、体調が悪くなります。低血圧の方は冷房によって、より体が冷えてしまい体調が悪くなるという悪循環になっています。このように低血圧の方は気温によって影響を受けてしまいます。