低血圧と自律神経


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


自律神経とは人間の呼吸や心臓の動きなど、体の動きをコントロールしている神経です。体温調整や血圧の動きなどもコントロールしているために、低血圧との関係も深い神経です。また呼吸をしたり心臓を動かしたり血圧を正常に保ったりと、人間の体は私たちの意志とは無関係に動いていて、体の外側や内側の変化に対応して人間の体の働きを調節してくれる大切な神経です。 自律神経はさらに二つの神経に分けられます。おもに体を動かす働きをする交感神経と体の動きを休ませる働きをする副交感神経です。この交換神経と副交換神経の働きは、相反する働きをしていて、体の動きのバランスを取っています。人間の日常生活で興奮したり、動いたりすると交換神経が強く働き血圧が上がります。反対に夜寝る前など静かにしていたり、休養を取っているときは体が休もうとして副交換神経の働きが強く働くと血圧は下がります。この二つの自律神経は体の働きに合わせてそれぞれ動いていますが、このバランスが崩れ、日中働いていたり行動したりしていて交換神経が働かなければならない時に、副交換神経の働きが強くなってしまうことが低血圧の原因の一つと考えられています。では自律神経に正常に働いてもらうにはどうしたらよいか紹介して行きます。