低血圧とうつ病


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧と間違いやすい病気にうつ病があります。うつ病とはストレスが原因で気分が憂鬱になったり無気力になる、不安になる、緊張するなど精神的な病気です。症状が悪化すると仕事が手に付かなくなったり、生きる気力までなくなるといた非常に危険な状態になってしまうこともあります。うつ病になっている方は憂鬱で無気力な症状の影響から朝起きれないなど低血圧にみられる症状になりやすいため、低血圧とうつ病の区別がつきづらくなります。うつ病にかかってしまうと心が不調になりその影響で体まで不調になってしまい、そのため低血圧になってしまう場合もあります。うつ病にかかっている方はめまい、頭痛、どうき、息切れ、寝付きが悪いなど低血圧と全く同じ症状を訴える方も多く、病院で検査しても原因が分からないで様子見を指示されてしまう場合があり、原因が分からないままになってしまいます。原因が分からずにつらい症状が続く場合は、内科ではなく精神科や心療内科で診察してみるとよいでしょう。うつ病は心の病気ですが、うつ病が原因で体の機能も低下して、低血圧になってしまう場合があります。うつ病の症状は低血圧の症状に似ているので、内科などで診察してい ただいて、うつ病ではなく低血圧と診断されてしまう場合もあります。(誤診とは言えないと思います。)低血圧の治療を受けても元の原因であるうつ病の治療がされなければ、低血圧が改善されても体は一向に良くならないという難しい面があります。うつ病の疑いのある場合は家族や近くの人が異変に気がつきアドバイスをくれる場合がほとんどです。自分ではうつ病などと認めたくないでしょうが、その場合は勇気をもって精神科か心療内科で診察してもらいましょう。