低血圧の症状 高齢者


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の症状は年齢によって様々ですが、高齢者の方はめまいや立ちくらみのほかに、疲労感、寝起きが悪い、寝付きが悪い、寝てもすぐ目が覚める、朝なかなか起きれない、疲れてぐったりする、頭痛がする、頭が重い感じがするといった症状が多く見られます。また活力がなく、生きがいを見つけられないといた精神面での影響も見られます。これも低血圧が原因の場合が多く低血圧が原因と結びつきづらいため、発見が遅れたりする場合がありますので注意が必要です。高齢者の場合、特に注意したい症状は食後低血圧です。食後低血圧とは、食事中から食後一時間くらいの間、低血圧になってしまうことを言い、普段は血圧が普通でも食後だけ低血圧になるという方もいます。これは食事をして食べ物が胃に送られてくる時にホルモンのバランスが崩れ低血圧になるというものです。食事後に耳鳴りがする、肩がこる、だるい、疲れやすいといた症状が見られる場合には食後低血圧の可能性があります。食後低血圧の場合、症状がひどいとめまいや失神をするといった場合もありますので注意が必要です。また高齢者の方は慢性化した病気などを抱えていたり、薬を常時飲んでいる方が多いですが、薬の副作用で低血圧になっている可能性もあります。この場合は規律性低血圧になる場合が多く非常に危険です。体調がおかしいと感じたら、医師に相談することをおすすめします。