年齢別低血圧の症状  20才台


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


   低血圧によく見られる症状は年代によって異なる場合があります。20代、30〜40歳代、中高齢者、高齢者と年代によってよく見られる症状を紹介していきます。20代は本態制低血圧(原因のはっきりとわからない低血圧)の症状がいちばん多い年代です。特にめまいや立ちくらみなど低血圧の代表的な症状の方が多いです。また寝付きが悪く朝なかなか起きられないといた症状の方も多いです。これは夜型の生活が生活の一部となっている現代人特有の生活環境が関係していると言われています。もちろん症状の重い場合では、薬を使っての治療が必要な場合がありますが、こういった低血圧の症状は日常生活の改善で克服できることが多いです。これは生活療法といって低血圧の原因となっている日常生活の悪い点を改善してクオリティーオブライフ(生活の質)を上げて低血圧を克服しようという治療法です。この生活療法を実行するにあたり、自分のつらい症状がどんな症状か?なぜこの低血圧のつらい症状が出てしまっているのか原因を知っておきましょう。そうすることで日常生活で改善すべき点が分かってきます。