起立性低血圧


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


横になっている時、座っている時などの状態から急に立ち上がった時、めまいや立ちくらみが起こる場合は起立性低血圧の可能性があります。なぜこういった現象が起きるかというと、横になっている時、座っている時から急に立ち上がった時に最大血圧が20mmHg以上下がってしまうからです。急に血圧が下がるため血液が脳や体全体に行き渡らなくなり、めまいや立ちくらみが起こってしまいます。 起立性低血圧の症状は中高年男性に多く見られます。中高年男性の方が低血圧?と思われる方が多いと思います。中高年男性は低血圧よりも高血圧を指摘される場合が圧倒的に多く低血圧とは無縁と思われがちですが、最高血圧150mmHgの高血圧の人でも起立時に最高血圧が20mmHg下がれば規律性低血圧の症状が現れやすく、立派な低血圧の症状です。また高血圧の薬を飲んでいる方も薬の副作用で規律性低血圧の症状が出る場合がありますので、規律性低血圧の症状がある場合、医師に相談してみましょう。では起立性低血圧の多く見られる症状を紹介します。起立性低血圧の主な症状は、起立時にめまいや立ちくらみが起こるのですが、中高年男性特有の症状としては、排尿中に倒れる、性欲が減退するなどです。その他どういった症状が多いのかというと。 夜中にトイレに起きる、下痢をしやすい、体温調節が上手く出来ない、暑さに弱い、などですが、症状がひどくなると気を失う場合があります。