低血圧のつらい症状


血流促進!基礎代謝アップ!アミノ酸、クエン酸を大量に凝縮!


低血圧の人はつらい症状に悩まされていることが多いですが、低血圧の人に起こりやすい症状があります。めまいや立ちくらみなどは低血圧の代表的な症状です。めまいや立ちくらみは症状から自分が低血圧な事に気がつきやすいですが、中には低血圧とは直接関係のないようなつらい症状が実際には低血圧が原因だったということもあります。では低血圧の影響で起こる症状について紹介したいと思います。 1、めまいや立ちくらみがする。 低血圧の代表的症状です。電車の中で立っていると気分が悪くなったり、気を失ってしまったり非常に危険です。 2、特に手足が冷えやすく、夏になると体調を崩しやすい。 夏場でもクーラーの効きすぎなどで手や足の末端が冷えたり、温度調節が上手く行かず体調を崩したり、体がだるいなどの症状に悩まされている。 3、朝起きるのがつらく、いつも疲れが取れなくてだるい感じがする。 冷え性の方の多くは、朝起きるのが苦手です。週末ゆっくりと休みを取っても疲れが取れなくて、気力も萎えてしまうと言う深刻な状態です。 4、頭痛や肩凝り眼精疲労、胃にもたれ、動悸、息切れなどの症状に悩まされている。 一見低血圧とは関係がないように感じますが、これらの症状は低血圧が原因の事があります。 5、夜なかなか寝付けない、自分のい体の事が心配でしょうがない、些細なことでも気になる。 不眠や心配性、ストレスなどの精神的な面も低血圧が影響する場合があります。 低血圧以外の原因でこれらの症状が出る事もありますが、低血圧が原因で起こる事もある症状です。原因不明でこれらの症状に悩まされたら、低血圧を疑ってみましょう。